KIIの庭

気になる屋上への階段

花壇の工事をさせていただいたお家に、再度お伺いする機会があった。
そのとき目に入った外階段。
おしゃれな階段のその先が、なんとなく気になり
屋上を見せていただいた。

「おー、広い!!」
日当たりも良いし
ここでなら思う存分、植物を育てて楽しめるはず。
何より、ご家族でくつろげる空間になるだろう。

このお宅は、家の主であるご夫婦と娘さん2人、そして
すぐ近くに居を構える息子さん一家、同じく近所に住む親戚の娘さん一家も日常的に集まる、総勢12人の大所帯。
いつ伺っても賑やかで、奥様を中心に笑顔があふれている。
そんな大家族が、屋上でバーベキューでもできたら
団らんの時間がより楽しめるはず。
そんな想像がふくらんだ。

屋上のいまの利用状況を聞いてみると
物置きにしたり、洗濯物を干したりする程度にとどまっていた。
こんなに広い屋上を庭にしたら、きっとわくわくするはず。
そんなお話をさせていただいた。
それから程なくして、屋上を庭にしたいとのご連絡をいただいた。

 

風や匂いを感じる空間に

屋上庭園のプランを考えるとき、2つのキーワードが浮かんだ。
1つは”季節”。
お客様のお家は、都内の高級エリアにあり
閑静な住宅街。
しかしながら私には何となく、落ち着かない印象だった。
だから、広々とした屋上は
木々の葉がこすれる音に耳を澄ませたり
花の香り楽しんだり…
さりげなく季節を感じられて、ほっとする空間にできたらと思った。

もう1つは”お気楽”。
ご家族の醸し出す、温かくゆったりとした雰囲気を大切にしたかったので
一定の期間内につくり込むのではなく
あえて期間を決めずに、気楽な感じで
一緒に庭をつくっていきましょう、と話し合った。

それにご家族のライフステージによっても、庭の”装い”は変わってくる。
お孫さんたちが小さいうちは、いちじくやミニトマトなど
食べられる実がなる植物をたくさん植えたら喜ぶだろう。
何年か経ったら、しっとり落ち着いた庭にアレンジするのもいいかもしれない。
そんな風に長い目で見て、その時々で「いいな」と感じるものを取り入れていけたら素敵だと思った。

こうして屋上での庭づくりが始まった。
奥様もさっそく、フロアタイルを張り替えてやる気満々。
先日は、私がつくったプランターにハーブや野菜を嬉しそうに植えていらした。

その後SNSで、ご家族が集まり、屋上でバーベキューを楽しんでいらっしゃる様子を拝見した。
お客様と二人三脚でつくっていく、”屋上庭園”。私もこれからを楽しみにしている。